ロシア(ウラジオストク) 海外旅行

【ウラジオストク旅行記】3泊4日で訪問した場所とスケジュールまとめ。

ウラジオストクには3泊4日で行きました。3泊4日で十分遊べた気がしています。ちょっと観光サボって回りきってないところもありましたが…

▼ウラジオストクの概要についてはこちらの記事へ。


▼ウラジオストク3泊4日の持ち物はこちらの記事へ。
【ウラジオストク】3泊4日の持ち物リストとカバン

ロシアのウラジオストクに、3泊4日で行ってきました。11月なのでそれなりに寒かったのですが、持ち物リストとパッキングの方法をご紹介します。

続きを見る

目次

1日目。ゆっくりめの飛行機でウラジオストクへ。

ウラジオストクには、ロシアの飛行機S7航空のフライトで行きました。

15:25成田発→19:00ウラジオストク着です。

19:00 ウラジオストク空港

予定通りウラジオストク空港に到着。ここでヘビーなミッションを3つこなしました。

ルーブルのキャッシング

ルーブルは日本で両替せずに、現地のATMで、クレカキャッシングをしました。キャッシングの方が手数料も安くて楽なことが多い、という話は聞いていたのですが、実は実際にするのは初めて!ドキドキしながら現地のATMでキャッシング。

ウラジオストク空港のATM

機械がいくつか並んでいましたが、よくわからなかったのでしっかりしてそうなこの機械で引き出しました。

金額は、2人で10,000ルーブル。クレカ支払いが多かったので、結構余りました。7,000ルーブルくらいでよかったかなーという感じです。余ったので後半は意識的に現金使ったり、買わなくていいおみやげ買って消費したりしました(笑)

SIMカードを手に入れる

カウンターでSIMをゲット。このときに現金が必要になるので、キャッシング後に行く必要があります。

SIMについてはこちらの記事で詳しく書いています。

タクシーの手配

タクシーカウンターに行って、タクシーの手配をします。これもこちらの記事で詳しく書いています。

ウラジオストク空港に向かうアエロエクスプレス
【ウラジオストク旅行記】ウラジオストク空港から市内への3つの行き方

ウラジオストク国際空港は、ウラジオストク市内から約50km離れています。ウラジオストク市内へ向かうには、電車・バス・タクシーの3つの方法があります。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

続きを見る

20:30 Airbnb到着

空港でいろいろ用事を済ませ、タクシーでAirbnbに到着。ホストから説明を受けたり、荷物を置いて夕食へ。

【ウラジオストク旅行記】ホテルじゃなくてAirbnb(エアビー)を初めて体験した感想。

ウラジオストクの旅行で、初めてホテルではなくAirbnbを利用して宿泊してみました。 ホストとのやりとりとか、宿泊場所は綺麗かとか、体験する前はいろいろと不安なところもあったのですが、結果としてとても ...

続きを見る

21:00 STUDIO(ストゥディオ)で夕食

遅くまでやっているSTUDIOへ。パンに入ったボルシチが目当て。早速ロシア料理です!

細めのおしゃれな道を入ったところにあります。

ウラジオストクの人気店STUDIOの外観

人気メニューはパン入りボルシチ。ガイドブックとかにも載ってるやつですね。

ウラジオストクの人気店STUDIOのメニューパン入りボルシチ

店名 STUDIO
住所 Svetlanskaya St, 18a, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
Instagram @wearecafestudio

23:00 スーパーFresh25で買い出し

24時間営業のスーパー、Fresh25へ。海外ではぼったくりなども多いので、現地の相場を知るためにまずスーパーのパトロールをします。ペットボトルのお水などを購入。

ウラジオストクのスーパーチコミニマルケトの店内
【ウラジオストク旅行記】徒歩圏内の2つのスーパーが便利だったよ。

海外旅行の楽しみといえばスーパーと市場巡り!なんて人も多いのでは?私もスーパーと市場回るのが大好きなんです!安い金額でちょこちょこたくさん小さなもの買うの楽しいし、なんかカラフルだし見たことないパッケ ...

続きを見る

2日目。市場とスプラ。

1日目の移動で思っていたより疲れたのか、昼まで寝てしまいました(笑) 本当は9:00に起きて潜水艦博物館行って市場行って…と考えていたのですが。のんびり過ごすことにしました。

12:00 中央広場の市場へ

この日は金曜日だったので中央広場の市場がやっていました。冷凍の魚やはちみつ、ドライフルーツなど生活に根付いたものがほとんどの市場です。市場、カラフルだから大好き!

【ウラジオストク旅行記】中央広場の市場とマトリョーシカ土産。

私が海外旅行で一番好きなもの、それは市場巡りです!カラフルでよくわからないものがたくさん並んでいる感じが大好き!実はウラジオストク行きは一度台風のためにキャンセルになり、再度日程組みなおしたのですが、 ...

続きを見る

13:00 ランチのためバブマシャへ。しかし閉店してる…

バブマシャ(babmasha)というかわいいお店があるので、そこでランチの予定でした。イクラがパンに載ってるし、マトリョーシカの塩胡椒セットも可愛すぎるし、なんか全体的に美味しそうだし。ちょっと遠かったし道のりは坂道だったし寒かったけど楽しみにしてたのですが…

コメントがロシア語で、翻訳かけてもはっきりわからないのですが、閉店…してるっぽい…病気…なのかな…お大事にしてください…

13:30 スプラでグルジア料理ランチ

気を取り直して、本当は次の日に予定していたレストラン【スプラ】へ。グルジア料理のお店なのですが、人気らしくて、並ぶらしい。12:00開店なので、開店並んでた人がそろそろ出てくるのでは…?と思って行ったら、ギリギリ待たずに入れました!

結論から言うと、全部美味しかったし、ウラジオストクで行ったお店で1番良かったです!

ウラジオストクのグルジアレストランスプラのヒンカリ
【ウラジオストク旅行記】グルジア料理のスプラは必見!おすすめのレストラン。

ロシア料理といえば、ボルシチ、ビーフストロガノフ、ピロシキ、あたりが思い浮かびますよね。ウラジオストクに行ったら、本場のロシア料理を食べるのを楽しみのひとつなはず。 でも、いろいろ調べていたら、「グル ...

続きを見る

15:00 カルセリ遊園地

カラフルな海沿いの遊園地。鎖しかない恐怖の観覧車に乗りたかったけど、なぜか遊園地自体がやってなかったです…時期かな?曜日かな?

カルセリ遊園地

15:30 要塞博物館

ロシアの昔の戦車とか大砲が置いてある博物館。楽しい。説明読んでも全くわからないけどなんかかっこいい。

【ウラジオストク旅行記】要塞博物館とC-56潜水艦博物館へ。

ウラジオストク旅行=フォトジェニックな女子旅、というイメージで売り出そうとしている雰囲気をビンビン感じていますが、もともとウラジオストクはロシアの極東政策の拠点となる場所でした。ロシアが東側を攻めるの ...

続きを見る

16:00 にんじんクリームとコーヒーをゲット

歩き疲れたのでコーヒーを買ってホテルに1回帰ってお昼寝。

【ウラジオストクのお土産】人参クリームやチョコなどがおすすめ!

ロシアのウラジオストクで買ったお土産たち。買って良かったおすすめ土産を、良かった順にまとめました。女子におすすめのかわいいお土産から、バラマキにぴったりなものまで、安くてかわいいお土産です!

続きを見る

【ウラジオストク旅行記】スタバはあるの?おすすめコーヒーショップ

旅行先でもコーヒーが飲みたい。特に寒いときはホットコーヒーが欲しい!そんなときにふらっと立ち寄れる、コーヒーショップ・カフェのまとめです。

続きを見る

19:20 起床。ウフトゥイブリンで夕食。

起きてもお腹があまりすいていなかったので、軽く食べるためにウフ・トゥイ・ブリン(ウフティブリン)へ。

ウフトゥイブリンのいくらクレープ

いくらのクレープ(ブリヌイ)にクリームチーズ(スメタナ)をトッピングしていただきました。おいしかったー!いくら大好き!夫は「やっぱりいくらには酢飯がいいなぁ…」とちょっと微妙そうな顔をしていましたが。私はとても好きでしたこれ。

ウフティブリンは、噴水通り沿いのめちゃくちゃ分かりやすい場所にあるお店なのに、気が付きにくいお店です。

その理由がこれ。看板がキリル文字なんです。これじゃ読めないからスルーしちゃいますよね…

ウラジオストクのブリヌイのお店の場所

マトリョーシカの看板のお土産屋さんの隣りにある、リトルマーメイドのシェフみたいな人の看板が目印です!

店名 ウフ・トゥイ・ブリン(ウフティブリン)
Ух Ты, Блин
住所 Ulitsa Admirala Fokina, 9, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
Instagram @uh_ti_blin

20:00 夜のグム裏で写真撮影

グム裏はライトが光ってかわいい夜と、昼間両方行きたかったので腹ごなしの散歩を兼ねて行きました。人も少なくて良かったです。

【ウラジオストク旅行記】グム裏はフォトジェニックスポットとときめきがいっぱい!

ウラジオストクは女子旅の旅先として人気を集めつつありますが、その中でも良く出てくるのが「グム裏」というキーワード。これは「グム百貨店の裏路地」を指していて、観光用に再開発された場所のことです。韓国人を ...

続きを見る

20:45 チコ・ミニマルケトでお土産さがし

ホテルの近くにあったスーパーへ。お土産楽しいものないかな〜って探したり。クノールのボルシチを見つけてまとめ買い。


ウラジオストクのスーパーチコミニマルケトの店内
【ウラジオストク旅行記】徒歩圏内の2つのスーパーが便利だったよ。

海外旅行の楽しみといえばスーパーと市場巡り!なんて人も多いのでは?私もスーパーと市場回るのが大好きなんです!安い金額でちょこちょこたくさん小さなもの買うの楽しいし、なんかカラフルだし見たことないパッケ ...

続きを見る

3日目 念願のDuetと映えエクレア

3日目もお昼前くらいに起きて、ブランチを食べに出発。

11:45 Duetでブランチ

ウラジオストクのカフェduetの店内写真
ティファニーブルーのかわいいカフェDuet(デュエット)でブランチ。ケーキも食べたかったけどタイミングが微妙だったので、サラダとスープとパスタをシェア。かわいかったー!

ウラジオストクのカフェduetのエントランス
【ウラジオストク旅行記】Duetは女子旅に欠かせないフォトジェニックカフェ♡

ウラジオストクでフォトジェニックなカフェといえばDuet(デュエット)です!ティファニーブルーで統一された、プリンセス気分の味わえるカフェ。フォトジェニックな撮影スポットも用意されているときめき満載の ...

続きを見る

13:45 ニコライ2世凱旋門

Duetから、中央広場などを通り越して進みます。途中にある、絵本に出てきそうな凱旋門。赤や青などのメルヘンでかわいい凱旋門の付近は、ちょっと今までにない感じの観光地っぽい雰囲気。ペガサスみたいな装飾をした馬がいて子どもを乗せていました。いくらするんだろう…

ニコライ二世凱旋門

また、鳥を勝手に乗せてきて写真撮ると結構なお金取られたり…という海外あるあるが発生する場所です。気をつけてください。

14:00 C-56潜水艦博物館

潜水艦の中に入れる博物館。狭くてこのまま海に沈むって考えたらめっちゃ怖かった!かっこよかったけど。

【ウラジオストク旅行記】要塞博物館とC-56潜水艦博物館へ。

ウラジオストク旅行=フォトジェニックな女子旅、というイメージで売り出そうとしている雰囲気をビンビン感じていますが、もともとウラジオストクはロシアの極東政策の拠点となる場所でした。ロシアが東側を攻めるの ...

続きを見る

15:00 昼間のグム裏へ

前日は夜に行ったのでお店などはやっていなかったのと、違う雰囲気の写真が撮りたかったので。フスピシュカのエクレアを買って、宿で食べました♡

【ウラジオストク旅行記】グム裏はフォトジェニックスポットとときめきがいっぱい!

ウラジオストクは女子旅の旅先として人気を集めつつありますが、その中でも良く出てくるのが「グム裏」というキーワード。これは「グム百貨店の裏路地」を指していて、観光用に再開発された場所のことです。韓国人を ...

続きを見る

18:45 最後の夕食。老舗ロシア料理店SVOYへ

最後のボルシチとビーフストロガノフを食べに。本当はカニを食べたかったのですが、エクレアでお腹がいっぱいだったので諦めました。隣の席のロシア人(たぶん)が、テキーラグイグイ飲み始めて「ひえ〜ロシアや〜」って思いました。

ウラジオストク老舗レストランSVOYの外観

ボルシチとカニサラダ。カニはちょっとは食べたくて、サラダにしました。美味しかったです。ボルシチはちょっとハーブが強いかなぁ私には…

ビーフストロガノフが有名です。ここのが一番おいしいっていう人も多いですね。正直違いはよくわかりませんでした(笑)

店名 SVOY fête
住所 Ulitsa Admirala Fokina, 3, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
Instagram @svoyfete

20:00 再びチコ・ミニマルケト

最後に2回目のチコ・ミニマルケトへ。お土産の買い残しがないかパトロールしました。

4日目最終日。電車で空港に向かうため早起き。

電車に乗ってみたくて、早起きしました。空港に向かう電車が1日5本しかなくて、フライトにぴったりの時間はなかったのですが、早起きして1番早い電車に。

8:00 ウラジオストク駅でチケット購入&写真撮影

ウラジオストク駅で空港に向かうためのチケットを購入しました。詳細はこちらの記事へ。

ウラジオストク空港に向かうアエロエクスプレス
【ウラジオストク旅行記】ウラジオストク空港から市内への3つの行き方

ウラジオストク国際空港は、ウラジオストク市内から約50km離れています。ウラジオストク市内へ向かうには、電車・バス・タクシーの3つの方法があります。それぞれのメリットデメリットを紹介します。

続きを見る

それから、ウラジオストク駅の撮影タイム!正面の道路を渡ったところにちょっとした広場的なものがあるので、そこから撮りました。8:00すぎなのに、朝焼けみたいな色。

8:40 ピラジョーチニッツァでピロシキ購入

ウラジオストクの駅前のピロシキ屋

ガイドにも載っている24時間営業のピロシキ屋さんで、ピロシキを買いました。電車や空港で食べようと思って。ロシア料理といえばボルシチ・ビーフストロガノフ・ピロシキでしょ。ピロシキは外せない。

▼日本語メニューがあります。
ウラジオストクのピロシキ屋のメニュー

2人で4個買いました。

  • こけももジャムピロシキ 35p
  • 煮キャベツピロシキ 35p
  • ポテト 35p
  • ポテト&ソーセージ 65p

合計170p。日本円で300円弱。やっす。

日本のロシア料理屋さんで「ピロシキ」というとカレーパンのようなイメージじゃないですか?でもカレーっぽい味のものは見当たらなくて、揚げパン、って感じでした。

甘いピロシキとか初めてだったのでびっくりしたけど、全然おいしかった!結構好きでした。

あとは揚げてて若干重いので、煮キャベツが一番おいしかったです。

ピラジョーチニッツァの煮キャベツピロシキ

煮キャベツピロシキ

ポテト、ポテト&ソーセージは、想像通りの感じでした(笑) 外れないけど期待以上でもないです。

9:02 電車に乗り込んで空港へ

ビジネスクラスで空港へ。海沿いを走るので景色もきれいでのんびりっていう感じです。海、凍ってました。凍った海初めて見た。

10:00 ウラジオストク空港到着。

ルーブルが2400p余ったので、消化するためにちょこまか買いました。おばあちゃんコスメとかおかしとか。

13:00 飛行機出発

成田空港に向けた飛行機が出発。

成田空港からは東京駅までのシャトルバスにいつも乗ります。醤油と出汁が恋しくて、東京駅付近の富士そばでざるうどん食べました。めっちゃ染みた…

行かなかった観光地たち

こうやって日程を見返すと、昼寝しすぎですね(笑)

行こうかなと思っていた候補は他にもあったので、根性出して行っても良かったなー!結局歩いて行ける範囲でしか動きませんでした。

トカレフスキー灯台

潮の満ち引きで、時間帯によって灯台に渡れたり渡れなかったりするところ。景色が綺麗そうだったからちょっと興味あったけど、バスで20分+徒歩30分、みたいな表示を見たのでめんどくさくてやめました。寒いし。

鷲の巣展望台

徒歩でギリ行ける範囲だったのですが、体力が持たなかったのでやめました。寒いし。

ルースキー島

大きな水族館に興味があったのですが、遠くてやめました。

北朝鮮レストラン

北朝鮮料理ってどないねん!と気になったのですが、調べたら冷麺とかだったのでやめました。気温マイナスで冷麺か…と思って…寒いし。
(辛いもの苦手なので、韓国料理もほぼ冷麺くらいしか食べない)

\この記事はいかがでしたか?/

-ロシア(ウラジオストク), 海外旅行
-,

© 2020 MENY Powered by AFFINGER5