ロシア(ウラジオストク) 便利なグッズやツール

【ウラジオストク】3泊4日の持ち物リストとカバン

ロシアのウラジオストクに、3泊4日で行ってきました。11月なのでそれなりに寒かったのですが、持ち物リストとパッキングの方法をご紹介します。

11月のウラジオストクの気候(天気・気温)

ウラジオストクは北海道の函館と同じくらいの経度です。なので、東京に比べると寒い。

私がウラジオストクに旅行で行ったのは2019年11月14日〜17日だったのですが、東京は「そろそろコート着てもいいかもね〜」な気温。

ウラジオストクの気温を調べたら、マイナス2度とかでした。激さむ。東京で一番寒い時と同じくらいの寒さです。

ちなみに、私が帰国した翌日の11月18日からめっちゃ雪だったし、最終日空港に向かう電車の車窓から見た海は凍っていました。(凍った海見たの初めて!)

凍ってる海

なので、11月頃にウラジオストクに行く人は、最大限あったかい服装で行くのがおすすめです。(ダウン+ニット帽+手袋、とかでもいいレベル)

3泊4日ウラジオストク観光の持ち物リスト

持ち物は、ざっくりこんな感じ行きました。

下着類

  • 下着セット(3日分)
  • ヒートテック(長袖とスパッツ各3個)
  • 靴下(3日分)
  • モコモコパジャマ

ここまで、NORDACEのパッキングキューブに入れました。結構入る。

ちなみにモコモコパジャマはこんな感じのジェラピケのやつです。これもはいっちゃった。

Amazonで見てみる


(今回はホテルじゃなくてairbnbで泊まったのでパジャマ持参しました)

洋服類

  • ワンピース(3着)
  • ユニクロのウルトラライトダウン
  • マフラー
  • コート

コートは着て行きましたが、マフラーはジップロックに詰めて極力圧縮。ウルトラライトダウンは付属の巾着に入れてショルダーバッグに入れて持って行きました。

日用品

  • 化粧ポーチ
  • 常備薬
  • おしぼり(コンビニでもらうウエットティッシュ)
  • ノートとペン
  • エコバッグ
  • お財布
  • パスポート
  • ビザとEチケット

ホテル・飲食店・空港でトイレに入りましたが、トイレットペーパーはどこも備え付けでした。持参する必要はないです。

エコバッグは一応持っていましたが、買い物した店は袋みんなつけてくれました。チコ・ミニマルケトは袋代5ルーブルかかりました。

デジタル機材系

  • iPhone(2台)
  • 変圧アダプタ
  • osmopocketとその充電器
  • 一眼レフとその充電器
  • 荷物計り

今回は短い日数だったのと荷物が手持ちだけだったのでPCは持って行かず。

iPhoneが2台なのは、機種変更したばかりで新しい機種のSIMロック解除ができず、古い端末も持って行ったためです…めんどくさかった…

今回旅行前にosmopocketを買って持って行ったのですが、めっちゃよかったです。(にこるんのインスタの投稿見て買うの決めましたw)

Amazonで見てみる


あとロシアは変圧器必須です。無いと死にます。まぁホテル泊なら受付で貸してくれる可能性もありますが、airbnbとかだとなかったら終わります。全世界対応のものでも2000円程度なので、一つ持っておいて損は無いかと思います。

カバンはリュック+ショルダーバッグ

これらほぼ全てNORDACEのバックパックに入れて持って行きました。ギリギリ詰まった、という感じで、お土産の入る余地はなしですw

リュックとショルダーバッグを背負う私

夫のリュックに少し余裕があったので、私の着た服は夫のリュックに詰め、私のリュックはお土産を詰めて帰ってきました!

ショルダーバッグは、なんの色気もないmanhattan passageのミニショルダーバッグです。ジップロックで潰したマフラーと、ユニクロのウルトラライトダウンと、ガイド本と財布と携帯とパスポートはこちらに入れて持って行きました。

今回初めてNORDACEのリュックで旅行に行ってみましたが、お土産のことを考えると3泊はちょっと厳しいな〜という感じでした。手荷物で別の袋も持ち込めるとか、国内旅行ならありかな〜という感じです!でもいっぱい詰めても型崩れしないし、カバンを開けずにリュックから充電ができるのはとても便利でした。

また、ウラジオストクは道の舗装もガタガタだし、坂も多いので、スーツケースをコロコロするならリュックの方が絶対良いかなと思います。

\この記事はいかがでしたか?/

-ロシア(ウラジオストク), 便利なグッズやツール

© 2020 MENY Powered by AFFINGER5