ウラジオストクのカフェduetのエントランス

ロシア(ウラジオストク) 海外旅行

【ウラジオストク旅行記】Duetは女子旅に欠かせないフォトジェニックカフェ♡

ウラジオストクでフォトジェニックなカフェといえばDuet(デュエット)です!ティファニーブルーで統一された、プリンセス気分の味わえるカフェ。フォトジェニックな撮影スポットも用意されているときめき満載のカフェです。女子旅で行く人必見です!

新しいカフェで、まだ地球の歩き方Platには載ってないですよ〜

とにかくティファニーブルーでかわいい

Duetは、ティファニーブルーと白を基調としていて、ちょっとしたプリンセスみたいな気分が味わえるカフェ。細かいインテリアもかわいくて、思わずあちこちバシャバシャ写真を撮っちゃいました!

Duetの入り口は2階にあります。階段もティファニーブルーでかわいい♡

それになんかカラフルなちょうちんも…ん…?ちょうちん…?思ってたんと違うぞ…?

ウラジオストクで人気のカフェデュエットのエントランス

私が想像していた、というかインスタで見ていたDuetはこれです。

エントランスにドライフラワー(っぽい花?)がフワフワっとかかっていて、メルヘンでかわいい♡

これを期待して行ったら、秋仕様に変わっていて、なんかハロウィンみたいなかぼちゃとかススキとかの装飾と、なんか目黒川の花見みたいな提灯になってました…なんだこれ…

2019年12月追記 クリスマス仕様でめっかわになってる!

秋仕様で提灯祭りになっていたDuetですが、なんと…クリスマス仕様(冬仕様)で…かわいい…かわいいじゃないか…ツリーとかゴールドとブルーの組み合わせとか…めっちゃかわいい…

私…引きが悪かったな…もう一度ちょうちん祭りDuetを置いておきますね…

ウラジオストクで人気のカフェデュエットのエントランス

もうこれは…運…ですかね…階段かわいいので、エントランスの前とか、階段の途中にいる自分を下から誰かに撮ってもらうとかがおすすめです。

Duetの店内はインスタで見たとおりでかわいい♡

気を取り直して店内へ!早めの時間に行ったから空いてたしかわいい!

ウラジオストクのカフェduetの店内写真

店内はガラガラだったので、好きな席を選べました。窓側と迷ったけど、窓側の席を遠くから眺めたいからお店の中央あたりの席にしました。

ウラジオストクのインスタ映えカフェduetのレジ付近

レジのまわりもかわいい。引き出し風のデザインになってて、いろんな取っ手がついてるの。

Duetの食べ物と飲み物メニュー

朝ごはんと昼ごはんを兼ねて行ったので、パスタとサラダとスープをかるく。

ウラジオストクのcafe duetのシーザーサラダ

シーザーサラダはとてもおいしくて、夫が「今までで食べたシーザーサラダの中で一番うまい」って言ってました。

ウラジオストクのカフェduetのパスタとスープ

あとはパスタとスープ。スープはほうれん草のポタージュです。これも美味しかった。パスタは、メニュー見ても見当たらなかったんだけどDuetのインスタ見て食べたかったから、「これくれ」って写真見せたら出してくれました。

ウラジオストクのcafeduetのコーヒー

最後にコーヒーでひといき。カップもお砂糖入れもティファニーブルーでかわいい。っていうか紙。敷いてる紙すらかわいい。

この敷かれている紙(ランチョンマット?)は持って帰って旅ノートの素材にしました。かわいい。

限定色のトラベラーズノートで作成したウラジオストクの旅ノート

Duetがかわいかったので、トラベラーズノートのリフィルは限定色のターコイズにしました。ぴったりで嬉しい!

▼旅ノートを作ってみたいな、と思ったらこの記事!

トイレも凝っててかわいい

ウラジオストクのカフェデュエットのトイレの前の壁

トイレの中は流石に撮ってないですが、トイレのドアの向かいの壁がこんなでした。かわいい。

エントランスのフォトスポット

Duetのある2階に上がってすぐのエントランススペースにはこんな映えスポット。

ウラジオストクのカフェduetのエントランス

どう撮るのが正解かわからなくて迷っているBBAの写真になってしまいましたが、白いベンチにティファニーブルーの壁。そして垂れ下がった花。メルヘンかわいい。

ちなみに結構スペースが狭いので、全部入れようとすると結構厳しいです。iPhone11Proの広角モードで撮ったのが上の写真です。

Duetの場所とかメニュー料金とか

Duetの正式名称は、「Duet кафе-кондитерская(デュエットカフェ カンジテルスカヤ)」です。

кафеは私一番わかりやすいロシア語何じゃないかって思うんですけど、「カフェ」ですね。

к→c(音はk)
а→a(そのまま)
ф→f(数学で"空集合"って習ったファイです。つまり"ファ"の音です)
е→e(そのまま)

めっちゃわかりやすくないですか?

кондитерская(カンジテルスカヤ)は、製菓にすると「製菓」です。Duetはケーキが有名ですからね。時間が合うようだったらケーキも食べたかったなー!

Duetへのアクセス

Duetはウラジオストク駅からだと歩いて15〜20分くらいかな…目抜き通りである噴水通りから5分くらいなので、寄ってみるのおすすめです。

店名 デュエットカフェ カンジテルスカヤ
Duet кафе-кондитерская
住所 Pogranichnaya Ulitsa, 12, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
公式インスタ @duet_vl

頼んだメニューと金額

頼んだメニューの一覧と、金額(ルーブル)です。クレカで支払って1ルーブル1.73円くらいでした。日本円に換算した表を載せますね。

品名 ルーブル 日本円
シーザーサラダ 400 694
ほうれん草とサーモンのクリームスープ 280 486
ミートボールのパスタ 450 781
コーヒーアメリカーノ 120 208
カフェモカ 160 278
合計 1,410 2,447

え、やっす。とくに飲みものやっす。日本でこんなかんじのカフェ行ったら500円は余裕で取られるでしょ。ごはんはまぁまぁ安め、って感じの金額ですかね。

ちなみに日本語メニューはなく、ロシア語と英語でした。

お店のお姉さんは美人のロシア人で、あんまり英語は通じなかったですが、指差しでなんとかなったし、メニューにあるのかどうかわからなかったけどインスタの画像見せたらそれでも注文できました。

テーブルまで注文を取りに来てくれて、テーブルでお会計するスタイルでした。

また、ウラジオストクはお店の入口でコートを脱いで預けるお店が多かったけど、ここはそれがなくて、適当に置いてあるコート掛けに各自かける感じでした。(コート掛けのハンガーもティファニーブルーでかわいかった♡)

最新メニューはDuetのインスタへ!

Duetはインスタが割とアクティブに更新されているので、最新メニューはDuetのインスタストーリーとかで見ることができます。

ほぼロシア語だけしか更新されないので、スクショ撮ってGoogle翻訳アプリかけると便利だと思います。

▼Google翻訳でスクショ画像のロシア語を翻訳する方法はこの記事へ!

かわいいDuet、ぜひ行って、思う存分映え写真撮ってくださいね。

\この記事はいかがでしたか?/

-ロシア(ウラジオストク), 海外旅行
-, ,

© 2020 MENY Powered by AFFINGER5