トラベラーズノートで作成した複数の旅ノート

ノート

旅ノート(トラベルノート)の作り方と書き方まとめ。

2019年12月25日

旅行の思い出ってどうしていますか?スマホで簡単に写真が撮れる時代になりましたが、旅行中に写真だけ撮っておしまい、だともったいない!飛行機や電車のチケットもあるし、お店のカードももらったけどどうしたらいいの?

そんな人におすすめなのが「旅ノートづくり」です!

私は旅行ごとに「旅ノート」を作っています。せっかくお金も時間もかけて過ごす特別な時間。写真を印刷して貼ったり、チケットなどを貼ってオリジナルのノートを作って特別な思い出にしちゃいましょう!

書くことや貼るもの、作り方がなんとなく決まってきたので写真の印刷の仕方など含めてまとめてみました。

おすすめのノートはトラベラーズノート・方眼

はじめに、私はスクラッパーです。なんでもスクラップしてノートに貼りたいです。なので、トラベラーズノートを旅ノートにしています。なかでも方眼がオススメです。

ノートとしてはモレスキン(ハードカバー)が一番好きなのですが、下記の理由から旅ノートはトラベラーズノートで落ち着きました。

  • モレスキンはページ数が多いから1旅で使い切らない。2泊3日くらいならトラベラーズノート1冊がちょうどいい。
  • 貼るものが多くなると、トラベラーズノートの柔らかい表紙がちょうどいい。特にA4三つ折りのリーフレットとか。
  • トラベラーズノートの方が軽い。
  • トラベラーズノートのサイズが持ち運ぶのにちょうどいい。A5サイズだとカバンに入らない。
  • タイムスケジュールとか書くから何かしら目印が欲しい。だから方眼。
  • 紙や写真を貼るときにも目印になるので方眼が良い。

あくまでも私がスクラッパーだからだと思います。絵をたくさん描きたい人は、硬い表紙のモレスキンの方が良いと思いますし、無地の方が好きな人もいると思います。色々試してぴったりなノートを見つけましょう。

旅ノートづくりにおすすめノートは?タイプ別にご紹介!

旅行の思い出をまとめる旅ノート。どんなノートを使おうか迷いますよね。人気のブランドノートや旅ノート専用ノートなど、おすすめのノートを、特徴と併せてご紹介します。自分がどんなノートを作りたいかを考えなが ...

続きを見る

旅ノートの構成(目次)

旅ノートの構成は、だいたいこんな感じです。

  1. 持ち物リスト
  2. 1日目のタイムライン
  3. 1日目の使ったお金まとめ
  4. 2日目の〜以下略
  5. 写真・紙もののスクラップ+コメント
  6. 買ったもの・お土産リスト

事前に行きたいところリストとかはほとんど作りません。Googleマップにお気に入りマークつけたりはしますが、時間とか行き方とかも書かないです。実際に行動していないことがノートに混ざってくるのが嫌なので…

2・3は見開きになっています。左ページがタイムラインで、右ページがお金のまとめ。タイムライン(行動)と出費ってリンクしているので思い出しやすくなります。

旅行に行くまでの準備

前の段落にも書いていますが、ノートに行きたいリストとかはつくらないので、行くまでにはあまり書いたりしません。持ち物リストがないと準備に時間がかかるので作ったりもしますが、それ以外は特に書きません。

旅行中

旅行中はひたすら収集です。100均のファイルケースとかジップロックに、1日の終わりに日付ごとに分けてしまっておきます。

↓集めるものリストはこちらへ。

旅行中にノートを書くことはほとんどしないので、何かあったときは思い出すきっかけになりそうなものの写メを撮っておきます。

撮っておくとおすすめなもの

  • 飲食店などの入り口(店名がわかる)
  • 飲食店のメニュー(食べたものの名前と金額がわかる)
  • チケットなど(後で貼ろうと思ってても回収されてしまうことがある)

スクショの場合もあります。予約した内容とか、気になったお店の情報とか。

スタンプはノートの真ん中のページに

国内旅行の場合絶対に確保したいのがスタンプ!道の駅や高速道路のSA、博物館や観光施設の入り口にあることが多いので要チェックです!

スタンプはトラベラーズノートのど真ん中のページ(開いたらホチキスがあるページです)に押します。帰宅後に切って好きなページに貼るためです。ノートの表紙に押すのも良いですね。方眼の入っていない白い紙とか、クラフト紙とか持って行って押してもいいと思います。そこはお好みで。
(私はめんどくさくて1冊で済ませたいので、トラベラーズノートの真ん中のページに押しちゃいます)

旅行から帰ってきてからすること

写真の印刷

まずは写真を印刷します。だいたいスマホとカメラの両刀使いをしているのでGoogleフォトに集約します。このとき、ほかの人が撮った写真も貰います。

GoogleフォトからMacにまとめてダウンロードし、iPhotoの「インデックスシート」「列5」の設定で、A4用紙に印刷しています。

インデックスシート印刷の方法

ちなみにトラベラーズノートのレギュラーサイズはH210×W110。写真を45mm〜48mmくらいの正方形に設定して印刷すると、横に2枚並べて貼ることもできるし、1枚だけ貼って余白に文字を書いたりと扱いやすい感じになります。

印刷するのはコピー用紙でもいいのですが、写真用紙がおすすめです!せっかくだし。中でも薄手がおすすめ。普通のしっかりした写真用紙だと貼るときに厚いのでノート自体が膨らんできたり、固くてページがめくりにくかったりします。

紙ものの整理

パンフレットや箸袋などの紙ものを改めて確認、日付・スポットごとに分けていきます。このとき、インデックスシートとして印刷した写真もある程度で切り分け、スポットごとにセットにしていきます。

A5のクリアファイルに、場所ごとに分けて入れてまとめます。

あとは好きに切り貼りしましょう

あとはノートに好きなように並べていくだけです。マステを使ってかわいくするもよし、写真だけのページを作ってもよし、です。私は全部混ぜこぜです。文と絵と写真と紙のスクラップと。時系列順に。表紙もお好みでデコっていきましょう。

スポット名→本文の構成にすると書きやすい

私は時系列をなぞって記録したいタイプなので、まず作るのは1日のタイムラインです。何時に、どこに行った、という流れを確認します。それがわかったら、その順番に切り貼りしていくだけです!

スポット名などを大きく見出しとして書いて、そこに写真や紙ものを貼っていきます。文章を書きたいときは大きめにスペースをとってガリガリ書きます。

見開きを使ってカラフルにデザインしていくのも素敵ですし、時系列にこだわらず「食べたもの」「買ったもの」などテーマごとにまとめるのも方法としてアリです!

何度か作っていくうちに自分の好きなスタイルが見つかると思うので、いろいろ試してみてください!

-ノート
-, , , , , , , ,

Copyright© MENY , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.