ロシア(ウラジオストク) 海外旅行

【ウラジオストク旅行記】グム裏はフォトジェニックスポットとときめきがいっぱい!

ウラジオストクは女子旅の旅先として人気を集めつつありますが、その中でも良く出てくるのが「グム裏」というキーワード。これは「グム百貨店の裏路地」を指していて、観光用に再開発された場所のことです。韓国人を中心に、海外からの女性旅行者が多く訪れる場所で、フォトジェニックな撮影スポットや、スイーツ・雑貨などを楽しむことができます。

グム裏のカラフルエクレア屋さん「フスピシュカ」

グム裏にあるエクレア屋さんフスピシュカ(Вспышка)。店内は4テーブルくらいしかなくて、エクレア買いたい人でめっちゃ混んでました。

ちなみにメニュー(2019年11月現在)はこんな感じ。値段は載ってないですが、ものによってちょっとずつ違います。だいたい170〜350ルーブルくらいかと思います。

店内は混んでいたので持ち帰りにしました。気温マイナスだったから保冷剤いらずですw

airbnbのお部屋で、Aliis Coffeeのコーヒーと一緒にいただきました。

左から・・・

  • ブラックベリー(Black Currant)(200ルーブル)
  • フスピシュカ(Vspyshka)(250ルーブル)
  • ラズベリー(Raspberry)(320ルーブル)
  • キャラメル(Caramel)(170ルーブル)

「フスピシュカ」はお店でおすすめのものを聞いたら勧められたものです。新作だったっぽい。ピカチュウみたいでかわいいけどラメがエグいですwちなみに店名の「フスピシュカ」は英語だと「Flash」になるので、雷がついてるみたいですね。

味はマンゴー?オレンジ?っぽい感じでさっぱり爽やか。他を結構甘めチョイスしたのでちょうど良かった。

店名 フスピシュカ
Первая эклерная "Вспышка"
住所 Svetlanskaya St, 33, стр. 2, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
Instagram @vspyshka.eclair

ブランコのある雑貨屋さん「ビュロ・ナホドク」

ビュロ・ナホドク(Бюро Находок)は、英語だと「lost and found」。日本語だと「遺失物」とか「遺失物センター」的な意味になるようです。失った何かを見つけられる場所的な意味なのかなー

お店はブルーで、中央にブランコがあります。アーティストが作ったみたいな雑貨がごちゃごちゃとあって、とてもかわいいものばっかり!ちょっとお値段がはるので購入まではしませんでしたが、猫とかナマケモノのぬいぐるみかわいかったー。。。

このネコのぬいぐるみがなんとも言えないかわいさで欲しかったのですが、荷物になるので諦めました・・・

お店への行き方

グム裏から建物の中に入ったところにお店があるので、ちょっとわかりにくいです。(フスピシュカとかは入り口が外にあるからわかりやすいんだけど)

建物への入り口はこちら。左側の赤い浮き輪に「Бюро Находок」とお店の名前が書いてあります。

階段を登っていくとお店が見つかります。こちらは看板。かわいい。アートって感じ。

カラフルなコーヒー

お店の端っこにベンチとテーブルがあって、カラフルなコーヒーが飲めるそうです。写真はオレンジですが、ピンクとか水色とかもあります。

お店の真ん中にある木馬のブランコ!

お店の真ん中にはブランコがあります!店員さんにひと声かけて座ってみました。ちょっと怖いw引きで撮ったほうが可愛く撮れそうですね。

撮られなれてなくてどうしたらいいかわからないBBA

ブランコの座るところは木馬になってます。遊び心があってかわいい♡

ブランコの下に書かれた絵。石が埋まっててかわいい。

店名 ビュロ・ナホドク
Бюро Находок
住所 Svetlanskaya St, 31/2, Vladivostok, Primorsky Krai, ロシア 690091
Instagram @buronahodok_vl

グム裏のフォトスポット

グム裏には、フォトスポットが多数存在しています。例えばこれ、エクレア屋さん「フスピシュカ」の横にある地球のフォトスポット。時期によってなのかな?「どこからきたの?」のピンのシールを貼れたり、「Vladivostok」の文字が置いてあったりすることもあるっぽいです。

子供が通りがかった。自由。かわいい。

なんか壁にアートっぽいものが置かれてたりもします。

これは夜撮ったものです。iPhone11Proすごい。

アイスクリーム屋さん【シャリク・マロージュナバ】

寒くて食べなかったですが、アイス屋さんの看板がカラフルでめっちゃかわいい!アイス食べるなら持って撮りたいです。

夜のグム裏

夜のグム裏も、時間があったら立ち寄るのがおすすめです。時間帯によってはお店は閉まってしまっていますが、ライトとレンガと石畳の感じがとても素敵なんです!

ベンチに座ったり、階段から顔を出したり、いろいろ撮ってみてください。

グム裏の場所

グム裏は「グム百貨店の裏」を指した通称なので、GoogleMapで「グム裏」と検索しても出てきません。「グム百貨店」と検索してもモスクワにある方のグム百貨店に飛ばされちゃうし。(グム百貨店は、「ボリショイ・グム」で出てきます)

なので、私はグム裏にあるお店のいずれかを目的地にしてたどり着きました!

中央広場などがある大きい通りから、路地に入っていったところに「グム裏」はあるのですが、ここから入っていきました・・・

駐車場の横を抜けると、レンガの建物たちが見えてくるので、そのへんで遊べます。

フォトジェニックなものやかわいいものがたくさんあるグム裏、是非足を運んでみてください。

\この記事はいかがでしたか?/

-ロシア(ウラジオストク), 海外旅行
-, , , , ,

© 2020 MENY Powered by AFFINGER5