築地場外市場の山長の串玉

国内旅行 東京

築地場外市場で食べ歩き!おいしかったものまとめ【東京旅行記】

築地市場が豊洲市場に移転して早いもので1年半が経とうとしています。築地、豊洲に移転したあとってどうなってるのか知らなかったのですが、場外市場は変わらず営業しているとのことだったので、食べ歩きに行ってきました!

▼築地本願寺とカフェTsumugiのレビューはこちら

築地の食べ歩きは、サカナ嫌いな人でも楽しめる!

実は妻は東京生まれ東京育ちなのですが、築地に遊びに行くのは初めて。というのも、お刺身などのナマモノが苦手なのです…

築地に行ってもお刺身食べられないし、海鮮丼とか食べられないし、行く意味ないな〜と思っていたら、友達に「え、何言ってんの?築地って魚だけじゃないよ?卵焼きとか食べ歩きもできるんだよ?」と教えてもらいました。

それ以来、「いつか行きたいなー卵焼き食べに。」と思っていたのですが、なかなか実行に移せないでいました。

昨今の新型コロナウイルスの影響で、外国人観光客が減っていると聞き、「もしやこれは築地チャンス?」とおもったのも今回行ったきっかけです!

まずは観光案内所でマップをゲット!

築地駅から歩くと奥の方になるのですが、築地場外市場の観光案内所があります。ここに場外市場のマップがあるので、まずはそこを目指しました!

築地場外市場観光案内所

表紙が江戸っぽくてかわいい

こういう現地で手に入る地図的なもの大好きなんですよね〜!

築地食べ歩き① つきぢ松露のたまごサンド

築地場外市場食べ歩き1つめは、つきじ松露(しょうろ)のたまごサンドです。たまごサンド狙いで築地に来た部分もあるので、まずはここから。

でも残念ながら普通のたまごサンドは売り切れでした…

チーズ入りの「チーズin松露サンド」と、うなぎ入りの「どようのうまきサンド」があったので、迷った結果「どようのうまきサンド」にしました。

つきぢ松露のどようのうまきサンド

土曜日限定商品です。

うなぎの白焼きをたまごで包んだサンドイッチです。わさびマヨがアクセントになっていて、ほんのすこーしだけ辛かったです。

つきぢ松露のどようのうまきサンド

チーズも食べたかったなぁ…

松露のたまごサンドは、以下の4種類あります。

  • 松露サンド 648円
  • 青赤松露サンド 648円
  • チーズin松露サンド 756円
  • どようのうまきサンド 810円

すべて店舗限定商品となっていて、ネットショップでは購入できません。普通の松露サンドも食べてみたいなー!

築地食べ歩き② 山長の串玉

築地場外市場食べ歩き2つめは、「山長」の串玉です。

その名の通り、串に刺さった卵焼き。

築地場外市場の山長の串玉

甘いのと、甘さ控えめの2種類から選べます。どちらも1本100円。

夫が甘いの大好きなので迷わず甘いの。私は食べ比べしたかったので控えめのものにしましたが、甘いののほうがおいしかったなー!ほんとに甘かったです。

写真左が甘いのです。色がちょっと濃くて、赤っぽかった。

築地食べ歩き③ 築地虎杖のカニの甲羅焼き

築地場外市場食べ歩き3つ目は、「築地虎杖(いたどり)」のカニの甲羅焼きです。

私は生魚が苦手で、海っぽいものがだめなのですが、おとなになってカニ味噌の美味しさがわかるようになりました!中でも焼いてあるのが一番好き。

「カニの甲羅にカニみそのってるやつあったら食べたいな〜」と言いながら歩いていたらあったので迷わずゲット。

築地虎杖の食べ歩き甲羅焼き

食べる直前にバーナーで炙ってくれるので、香りがとてもいいです。スプーンでちまちま食べましたが、おいしかったー!通常800円が、500円に値下げしてました。ラッキ〜(行くのが遅い時間だったからかな?14:00ごろでした)

築地食べ歩き④ 紀文の握り揚げ

築地場外市場の食べ歩き4個目は、紀文の、たっぷりコーンの握り揚げ。

築地場外市場の紀文のコーンの握り揚げ

紀文といえば練り物。練り物といえば紀文!直営店では揚げたてのさつま揚げが食べられます。

チーズ入りちくわと迷って、たっぷりコーンの握り揚げにしました。300円。あったかくて、コーンがプチプチしておいしかったです。

築地食べ歩き⑤ パン工房 ル・パン

築地場外市場食べ歩き5つめは、パン!クロワッサンです。

パン工房「ル・パン」のあんこクロワッサン。230円です。

築地場外市場のあんこクロワッサン

周りのごまとパンがほろにがで、あんこは甘くて、クロワッサンはサクサクでバターの香りがして…おいしかったです〜!夫は帰ってからも「クロワッサン…おいしかったな…」って思い出してました(笑)

築地場外市場で食べたものと金額まとめ

築地場外市場で食べたもものと金額は、以下のとおりです。

食べたもの 金額
どようのうまきサンド 700円
串玉(2本) 200円
カニの甲羅焼き 500円
コーンの握り揚げ 300円
あんこクロワッサン 230円
合計 1930円

海鮮丼などは食べなかったので、お腹いっぱいにはならなかったです。

歩き疲れたし、このあと築地本願寺カフェでケーキを食べました!

食べ歩きの注意点

食べ歩き、と呼んでいますが、築地は道での食べ歩きは禁止になっています。人がたくさんいて危ないですもんね。

買った食べ物は、店内やお店の前や指定の場所でいただきましょう。

また、「魚河岸食堂」という建物には、休憩所やフードコートもあるので、そこでゆっくり食べるのも良さそうです。

魚河岸食堂 フードコート
〒104-0045
東京都中央区築地6丁目26−1 小田原橋棟3階

食べ歩きにおすすめの時間帯

私達は築地に13:00頃に着いて、14:30くらいまでウロウロしていました。14:30くらいになると割引していることがあってちょっとおトクに楽しめますが、閉まり始めるお店も出てきます。たくさんのお店が開いている状態を楽しみたいなら、少なくともお昼前には着いていたいところです。

また、場外市場はあくまでも市場に付随しているもの。日曜日はやっていません

食べ歩きにおすすめの持ち物

食べ歩きをしていると、ゴミが出ますよね。その場ですぐに捨てられるのであればいいですが、ゴミをまとめられるビニール袋が一つあると重宝します。

また、どうしても食べ物を素手で触らないといけなかったり、ソースなどが垂れてしまったりすることもあるので、ウェットティッシュを持っていると安心。

食べるものによっては喉に詰まりやすいこともあるので、ペットボトルのお茶かお茶があるといいですね。

食べ歩きにあるといい持ち物をまとめると以下のとおりです。

  • ゴミ用のビニール袋
  • ウェットティッシュ
  • ペットボトルのお茶かお水

築地場外市場の食べ歩きは海鮮嫌いでも楽しめる!

生の海鮮が嫌いな私でも、築地の食べ歩きが楽しめました。他にも、マグロの形をしたたい焼きとか、おいしいコーヒーとか、いちご飴や苺アイスなど、たくさんのものが並んでいます。遠出はできないけどどこかで遊びたい!というときに気軽に行けておすすめです!

築地本願寺の外観
築地本願寺のカフェTsumugi (紬)でリラックスティータイム【東京旅行記】

築地本願寺にあるお寺カフェTsumugi(つむぎ)は、朝ごはんが有名なカフェ。築地本願寺の敷地内にあるユニークなカフェです。築地場外市場で食べ歩きをしてきた帰りに立ち寄ってみたのでレビューします。 ▼ ...

\この記事はいかがでしたか?/

-国内旅行, 東京
-, , , ,

© 2020 MENY Powered by AFFINGER5