私なりの旅ノートの書き方・作り方まとめ

旅行ごとに「旅ノート」を作っています。書くことや貼るもの、作り方がなんとなく決まってきたので写真の印刷の仕方など含めてまとめてみました。

おすすめのノートはトラベラーズノート・方眼

はじめに、私はスクラッパーです。なんでもノートに貼りたいです。なので、トラベラーズノートを旅ノートにしています。なかでも方眼がオススメです。

ノートとしてはモレスキン(ハードカバー)が一番好きなのですが、下記の理由から旅ノートはトラベラーズノートで落ち着きました。

  • モレスキンはページ数が多いから1旅で使い切らない。2泊3日くらいならトラベラーズノート1冊がちょうどいい。
  • 貼るものが多くなると、トラベラーズノートの柔らかい表紙がちょうどいい。特にA4三つ折りのリーフレットとか。
  • トラベラーズノートの方が軽い。
  • トラベラーズノートのサイズが持ち運ぶのにちょうどいい。A5サイズだとカバンに入らない。
  • タイムスケジュールとか書くから何かしら目印が欲しい。だから方眼。
  • 紙や写真を貼るときにも目印になるので方眼が良い。

あくまでも私がスクラッパーだからだと思います。絵をたくさん描きたい人は、硬い表紙のモレスキンの方が良いと思いますし、無地の方が好きな人もいると思います。色々試してぴったりなノートを見つけましょう。

旅ノートの構成(目次)

構成は、だいたいこんな感じです。

  1. 持ち物リスト
  2. 1日目のタイムライン
  3. 1日目の使ったお金まとめ
  4. 2日目の〜以下略
  5. 写真・紙もののスクラップ+コメント
  6. 買ったもの・お土産リスト



事前に行きたいところリストとかはほとんど作りません。Googleマップにお気に入りマークつけたりはしますが、時間とか行き方とかも書かないです。

2・3は見開きになっています。左ページがタイムラインで、右ページがお金のまとめ。タイムライン(行動)と出費ってリンクしているので思い出しやすくなります。

旅行に行くまでの準備

前の段落にも書いていますが、ノートに行きたいリストとかはつくらないので、行くまでにはあまり書いたりしません。持ち物リストがないと準備に時間がかかるので作ったりもしますが、それ以外は特に書きません。

旅行中

旅行中はひたすら収集です。100均のファイルケースとかジップロックに、1日の終わりに日付ごとに分けてしまっておきます。

↓集めるものリストはこちらへ。
旅ノートとかライフログノートに貼るために取っておいているもの一覧。

旅行中にノートを書くことはほとんどしないので、何かあったときは思い出すきっかけになりそうなものの写メを撮っておきます。スクショの場合もあります。

スタンプはノートの真ん中のページに

あと、スタンプはトラベラーズノートのど真ん中のページ(開いたらホチキスがあるページです)に押します。帰宅後に切って好きなページに貼るためです。ノートの表紙に押すのも良いですね。方眼の入っていない白い紙とか、クラフト紙とか持って行って押してもいいと思います。そこはお好みで。
(私はめんどくさくて1冊で済ませたいので、トラベラーズノートの真ん中のページに押しちゃいます)

旅行から帰ってきてからすること

写真の印刷

まずは写真を印刷します。だいたいスマホとカメラの両刀使いをしているのでGoogleフォトに集約します。このとき、ほかの人が撮った写真も貰います。

GoogleフォトからMacにまとめてダウンロードし、iPhotoの「インデックスシート」「列5」の設定で、A4用紙に印刷しています。

インデックスシート印刷の方法

紙ものの整理

パンフレットや箸袋などの紙ものを改めて確認、日付・スポットごとに分けていきます。このとき、インデックスシートとして印刷した写真もある程度で切り分け、スポットごとにセットにしていきます。

A5のクリアファイルに、場所ごとに分けて入れてまとめます。


あとは好きに切り貼りしましょう

あとはノートに好きなように並べていくだけです。マステを使ってかわいくするもよし、写真だけのページを作ってもよし、です。私は全部混ぜこぜです。文と絵と写真と紙のスクラップと。時系列順に。表紙もお好みでデコっていきましょう。

こちら、過去のノートたちです。北海道さむかったな〜

Eriさん(@meny_eri)がシェアした投稿

Eriさん(@meny_eri)がシェアした投稿

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です