iTunes Connectに課金アイテムを追加するときの手順メモ。※更新中※

始めて課金アイテム(アドオン)を追加したので、そのときの手順メモです。

iTunes Connectを開く

iTunes Connectを開いたら、下記の手順で進みます。

  1. マイApp
  2. 機能
  3. App内課金
  4. +ボタン

アイテムのタイプを選択

アイテムのタイプを、以下の5つから選択します。

  1. 消耗型
  2. 消耗型 App 内課金は、ダウンロードするたびに購入する必要があります。釣り App の魚の餌など1回ごとのサービスの場合は、通常消耗型に設定します。

  3. 非消耗型
  4. 非消耗型の App 内課金は、一度だけ購入する必要があります。使用期限のないサービスや使用に伴って消耗しないサービスの場合は、通常非消耗型に設定します。 (ゲーム App で新しいレーストラックを利用可能にする場合など)

  5. 自動更新登録
  6. 自動更新登録を使用すると、設定された期間中、ユーザがアップデートされたコンテンツやダイナミックコンテンツを購入することができます。ユーザが設定を変更しない限り、登録は自動的に更新されます (雑誌の登録などに使用)。

  7. 無料登録
  8. 無料登録は「雑誌・新聞」コンテンツにおいて強力なプロモーション手段です。ユーザが無料登録にサインアップすると、そのユーザの Apple ID で登録されているすべてのデバイスで利用可能になります。無料登録は有効期限を持たず、「雑誌・新聞」カテゴリの App でのみ提供可能です。

  9. 非更新登録
  10. 非更新登録は、限定された期間内のみサービスの販売を許可します。App 内課金でスタティックコンテンツを一定期間内提供する場合には、非更新登録を使用する必要があります。例えば、ナビゲーション App の音声ガイド機能の1週間だけの登録や、ビデオまたはオーディオアーカイブのオンラインカタログの年間登録などに使用します。

課金アイテムの詳細を入力していく。

事前に決めておかないといけないものは、以下の通り。

  1. 参照名
  2. AppStoreに表示される名前。「ハート100個」とか。

  3. 製品ID
  4. セールスレポートに表示されるID。「heart100」とか。

  5. 価格帯
  6. アイテムの金額を決めます。アイテムの価格は「価格帯」として決め、細かい額までは決められません。
    為替とともに変動します。2016年8月末現在だと、一番低い「Tier1」で、120円。0.99ドルです。これを一つの単位として、Tier2なら240円、Tier3なら360円・・・となっていきます。
    参照:価格帯一覧

  7. 言語
  8. 対応している言語です。特になければ「日本語」で良いと思います。

  9. 表示名
  10. お客さん(ユーザー)に表示される表示名です。「参照名」と同じにしておいたらいいんじゃないかな。

  11. 説明
  12. 審査のときに見るみたいです。どんなアイテムなのかを簡単に説明しましょう。

→ここまで入れたら、「Save」をクリックして保存します。スクリーンショットは後でオッケー。

「スクリーンショット」はアプリでの実装後に。

上記の情報を入力したら、テストアプリに課金アイテムの実装を行います。
※item storeを利用する場合は、上記画面で決めた「製品ID」を使ってアイテム登録を行うと、ストアに反映されます。

課金テストができたら、「課金できました」という画面のスクショを添付して審査へ。

課金ボタンを押して出てきたポップアップの画面を添付したら審査に通りました〜

itunes connectで課金アイテムを申請するときのスクリーンショット

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。