新ナイトスポット、アジアティーク。

2012年にオープンした新スポット、アジアティーク・ザ・リバーフロント(ASIATIQUE)に行きました。

お台場みたいなアウトレットみたいな…?

アジアティークは元々は工場の倉庫。それを改装して作られた複合施設です。オープンは17:00〜24:00。ショップは1,500軒、レストランは40軒あります。
ショップはピンキリで、マーケットに売っているのと同じようなお土産やさん(タイパンツとかキャンドルとか)もあれば、それなりのお店もあります。総じて小綺麗なので、マーケットに疲れた人はここで買い物してもいいと思います。割高ですけど。

その他に、ニューハーフショーの「カリプソ」があったり、タイ古式マッサージをちょっと受けたり、なんかもできます。

カリプソ・キャバレー 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー

客層は外国人観光客ばっかり。欧米人が結構いました。そして物価は全体的に高め。日本とほとんど変わらない感じです。でも全体的に清潔で、ここならおなかも壊さずに安心していろいろ飲み食いできるんじゃないかと思います。

ごはんをたべたよ。

バンコク到着日、夕食を食べにアジアティークに行きました。一通りうろうろしましたが、意外と「タイ料理屋」がないw

普通にハンバーガーやシーフードだったり、パスタだったり、日本食のレストランがいっぱいあったりしました。


ジャパニーズしゃぶしゃぶ秋吉。ラーメン屋さんもありました。

バーン・カニタ(Baan Khanitha)で夕食。

タイに何日もいて、タイ料理に飽きたんならパスタとかもありだけど、さすがに到着した日は「ザ・タイ料理」食べたいよね〜ということでこちらへ。

注文したのはパッタイ。(私はパッタイ大好き病なので、このあと3連続で食べることになります)

そしてトムヤムクンとチャーハン。


普通に全部美味しかった♡ 特にトムヤムクン。旦那曰く、今までの人生で食べたトムヤムクンの中で1番うまい!と言っていました。なんか、ものすごくエビの味がするそうです。エビ味噌というか。

お支払い内訳

-トムヤムクン 280B
-パッタイ 240B
-カオパッガイ(チャーハン) 230B
-セブンアップ 90B
-アイスティー 110B
-サービス料(10%) 95B
-税(7%) 73.15B
合計 1,118.15B
(1B=3.3円くらいなので、3,700円くらい。普通に高ぇ。)

おやつもいろいろ。

道端には、屋台というかワゴンみたいなのも出てます。
アイスマカロンの屋台
こちらはアイスマカロンとクロワッサンたい焼きのワゴン。なんだこれ原宿か?

アイスマカロンチョコ味
チョコ味のアイスマカロンを食べました。バンコク感ゼロ。マカロンなので、食べても割れなくて、結構アイスがびたびたになりました。おいしかったけどね。

160Bでした。高ぇ。

アジアティークへの行き方

アジアティークはチャオプラヤ川沿いにあります。タクシーでも行けますが、サパーンタークシン駅からフリーのシャトルボートが出ているのでそちらがオススメ。(せっかくなら船乗りたいし。)

サパーンタークシン駅で下車したら、とにかく川の方に向かえばOKです。いくつか船の乗り場がありますが、一番奥(川に向かって左側)がアジアティーク行きのシャトルボート乗り場です。(川沿いのホテルのシャトルボートと同じ乗り場です。)

アジアティークシャトルボート乗り場

OPEN時間付近になると、列ができ始めるので、それに便乗しましょう。

アジアティークシャトルボートの列

関連リンク

Card

アジアティーク・ザ・リバーフロント 口コミ・写真・地図・情報 – トリップアドバイザー

You may also like...

70 Responses