IFTTTを使ったら、ノンプログラマでもSlack連携できる!

Slackを使い慣れてきたので、いろいろ連携したいな〜と思うのですが、いちいち頼むのもめんどくさくて、勝手にできる方法はないかな〜と探した結果「IFTTT」が使えそうだったので試してみました。

いろんなものをつなげる「IFTTT(イフト)」

いまさら紹介するまでもない定番ツールですが、いろんなアプリ(サービス)をつないで、いろいろなことができるのが「IFTTT」です。
全英語なのでちょっととっつきづらいですが・・・

「レシピ」と呼ばれる条件設定をすると、自動で色々できるんです。アプリ一本で。

IF by IFTTT

IF by IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

例えば、「WordPressで記事を公開したら、Twitterに自動的に投稿する」とか、「特定のアドレスからメールが届いたらEvernoteに入れる」とかね。

それを利用して、タスク管理の「Trello」で更新があったときに「Slack」に流れるようにしました。

簡単な設定方法。

IFTTTをインストールしたら、アカウントを作りましょう。

サインインできたら、右上のレシピマーク→「+」をタップします。

新しく作る場合、「Create a new recipe」をタップ、ifのあとの「+」をタップして、一つ目のアプリ(サービス)をタップします。
※よく使われているレシピはあらかじめ設定があるので、それをそのまま利用することもできます。

今回は「Trello」から「Slack」にデータを飛ばしたいので、一つ目には「Trello」を選び、アカウント接続をします。

同様に、thenの後の「+」も設定します。今回は「Slack」です。

接続したときの条件を選んだらFinishです。

※今回は「Trelloの特定のボードにタスクが追加されたら、Slackの特定のチャンネルにメッセージを飛ばす」という設定になっています。

IFTTTで接続できるサービス

現在273サービスと接続が可能なようです。

IFTTT接続サービス一覧

facebookやTwitter、Instagramといった王道SNS始め、EvernoteやDropbox、Pocket、YouTubeなどの日本で人気のサービスにも多数対応しています。いま使っているサービスがいくつもあるなら、うまくつないで無駄な作業を減らしましょう。

個人的にはメインのタスク管理に使用している「Wunderlist」が無いのが切ないなぁという感じです。
これは旦那さんが直接つないでくれましたけど。

まとめ

  • プログラマじゃなくても、IFTTTをつかえば色々自動化できる。
  • 毎日することとかはどんどん自動化しましょう。

You may also like...

53 Responses